久しぶりにゆるく買い物リストやってみたけど節約効果がすごい

久しぶりに節約の話題でも。

最近の私の悩みは、電子書籍を買いすぎること。それに、一人暮らしに慣れてきたらじわじわと支出が多くなってきました。

周りに相談すると、クレカをやめるとか、定額課金にしろとか、色々アイディアは出てくるんですが全部失敗済みなのですよね〜。

岡田斗司夫さんも言ってました。人に相談するときはパッと思いつくことは全部試してるから安易に回答してはいけないって。

クレカは持っていないし、定額課金にすると勢いづいていつも以上に買ってしまって逆効果。横山光昭さんがいうところの家計劣等生なんです。

買い物リストを試してみた

どうにもならないことを悩んでもしかたない。そう思って、ひとまずじわじわ増え続ける食費を先にやっつけることにしました。

食費や消耗品の支出を抑えるのは、買い物リストが効果的です。

まずは結論から。

見てください。このボリュームの差を。

食費と生活消耗品をターゲットにしていたけれど、なんと電子書籍に対してめちゃくちゃ効果が出ていいます。ピッコマの引き落としは前の週に使ったものがまとめて請求されてるだけなので、実質1,500円くらい。すごい。

my face

目に見えて効果が出ました😊

買い物リストは完璧に守らなくても効果は出る

買い物リストを作ると、たまたま激安セールだった時とかに買えなくて〜っていう話を聞いたことがあるし、私もそう思います。でも、買い物リストって作って公開するだけでも効果があるのできっちり守る必要はないと思います。

以前やっていたときは、予定外の買い物は1日2個までOKってことにしてました。

そのときは今よりもっともっと浪費が酷くて、自分の何が悪いのかもわかっていない状況だったので、レジに並ぶ前にカゴの中を見直すという癖付けになってとても勉強になりました。

それに、いつ何が必要になるか予測する訓練になったと思います。

全く家計管理ができない人はキッチリ守った方が結果的に良い効果が現れるかもしれません。

けれど、ある程度買い物をコントロールできる人は買い物リストを完璧に守る必要はないと思ってます。

実際、この取り組みをしている間も、ほとんど守れてませんでしたから。

それでもこんなに買い物が減りました!

my face

頭で考えるだけでなく、書き出すことでより強い意識を持てたんのが結果につながったんだと思う!

電子書籍対策にやったこと

同時に、電子書籍サイトのセール情報をカレンダーアプリに登録していきました。

いつもセールで買おうと思うのに、待ちきれず定額で購入し、翌日にセールが始まっちゃうのが日常茶飯事。

セールは毎月同じようにやっているはずなので、いつまで待てば買えるか明確になれば頑張れるんじゃないかなと思ったんです。

そしたらこれがすごい効果的で、「今はセールだから」というのを強く意識するようになり、「今はセールじゃないから」ということも強く意識するようになったみたい。

買い物リストと合わせて「セールだから買う」「セールじゃないから買わない」「買い物リストにないから買わない」という行動パターンで動くようになりました。

my face

特に欲しくない漫画を勢いで買っちゃうのも防げるようになりました。

結論!買い物リストはゆるくても効果が出る

完璧じゃないならやる意味がないと考えがちな完璧主義者の人もいると思います。実は私も完璧主義者です。一回失敗したらもうどうでもいいやと放り投げます。その結果が今です。

でも、失敗したらまたすぐ再開したらいいし、100点じゃなくても1点でも取れたらいい。「やらないよりマシ」で十分。

そんなふうに考えを変えてからいろんなことが成功しやすくなりました。

ダラダラ購入してしまう浪費に買い物リストは思いのほか効果あるので、まだ試してない方は一度お試しください。

にほんブログ村 にほんブログ村へ

関連記事

自動更新のテスト